消費者金融キャッシングの申込み外国人も可能?

日本に在住の外国籍の方が消費者金融にキャッシングの審査を申込するときには、必要な書類があります。
在留カードまたは特別永住者証明書、法令により有効とみなされる期間内は外国人登録証明書も可能で、これらの書類が申込時に必要となります。
これらの書類を持っていれば、必ず申込ができるというわけではなく、しっかりと日本語を話すことができ、契約書や申込書の内容も理解でき、定職についていて一定の収入があるなどでないと申込ができません。
さらにこれらの要件を満たしており、いくら日本語の理解に問題ないといっても、在留資格によっては申込ができる資格と、できない資格とがあります。
在留資格のうち、特別永住者、永住者、日本人の配偶者等、定住者、永住者の配偶者の資格の方は、日本語理解に問題がなければ審査へとすすむことができます。
これら以外の、留学、研修活動、特定活動、技能などなどの資格は、日本に短期間の滞在の資格のため申込ができません。