銀行キャッシング審査で増枠

敷居の高い銀行キャッシング審査を受けたものの、どうも融資限度額が低くて使いにくいという人が多いようです。
利用金額が少なければ、繰り返しの利用がしやすい銀行キャッシングは有利なのですが、ちょっと大きな買い物に使いたい場合には不便です。
とはいえ敷居が高いと思われがちな銀行キャッシングの増枠申請など通るわけがないと思われがちです。
銀行の審査は取引履歴や取引量の多寡で変わりますが、それ以前の問題として申込方法で不利な契約になっているケースがあります。
最近の銀行キャッシングは、口座を持っていなくても毎月銀行ATMなどで定額を返済すれば契約できることがあります。
しかし、銀行はこのような顧客に融資限度額を高くしません。
契約方法を口座からの返済にするだけで増枠審査が通ります。