フラット35のボーナス払いとは?

今後、マイホームの購入などで住宅ローンを検討している方は是非注意して頂きたいのがボーナス払いを使った返済方法です。
まとまったお金が入った時に返済できれば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。
でも今は、賞与が出ない会社も増えていますし景気によって金額が変わることも有り得ます。
それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、意外にも半分以下であるというデータもあります。
それでもまとめて返済をしたいという方は、便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。
マイホームの資金調達として役立つ住宅ローン申し込みは銀行や信用金庫で行っています。
申請する際には、銀行側から提示される様々な資料が必要です。
結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。
ですから、ローン申請は申し込めば必ず通る。
という期待はできません。
通過しなかったケースも多々あります。
よくある基準として年数は3年以上、年収は300万以上が一つのラインと言われています。
どんな家でもローンを組んで建てる方が多いのですが、つなぎ融資という言葉を聞いた事はありますか。
分りやすく言うと、住宅のための借入れが始まるまで不足分を一時的に補う目的で借りるローンの事です。
原則として、住宅の完成からローンが始まるようになっているので建設中の間は、そうした融資を受ける人もいます。
ただし、この融資は利息が非常に高く日割りで計算されるため取り急ぎ、本命ローンを申請する必要があります。
安心して申し込める銀行を探しながら、契約内容を確認し後悔しない計画を立てられるように詰めていきましょう。

フラット35ボーナス払いデメリット